ヘルシンキは風が強くお天気が変わりやすい印象ですが
基本的には最終日以外は概ねお日様が見えていて
気温は24度くらいまであがっていました。
北欧へ行くのに 日本の4月くらいのつもりで
服を用意していったのですが 晴れている時は
わりと暑いのですが 風があるのと乾燥しているので
陰ると肌寒い感じがしました。
逆に 私くらいの寒がりだと2~3枚着ていても
汗をかく!ってことは無かったです。
ガイドさんも 全員長袖の上着をもっていたし
スカーフを用意して気温調節できるようにされてました。

ヘルシンキもあちこちで工事中です。
そしてやっぱり岩だらけ
R1000283

R1000291

丈夫な地盤の上にあるんだなぁと思いました。
フィンランドは唯一のユーロ圏ですが
首都ヘルシンキは 一番都会のように感じました。
R1000577

もちろん歴史ある建物も大切にされています。
R1000929

R1000276

ちょっとヨーロッパというよりロシアっぽい気もしますが
気のせいでしょうか?でも素敵な町並みです。

建物は デンマークのような飛び抜けたものはありませんが
やはり冬場は寒い地域なので廊下など
共用部分はオープンではなく閉じてあります。
R1000277

その閉じ方や窓のとりあいが 
普通のマンションでも洒落ているのはデザインに対する敬意みたいな
それが当たり前の風土をひしひし感じました。
R1000288
R1000287

やっぱり どれも日本ではあまり見ることはない
シンプルでかっこいい建物が多いです。
R1000615
R1000614


これは中央駅の前の大きな施設
屋根のところ ひらひらしてたりするんだけど
なんでできていたのかなぁ?
R1000596

これは駐車場のゲートです。かっこいいでしょう?
43


古い建物も素敵で 普通にあちこちに
こんなレベルの入口や門がありました。
古いものも大切にするのは どこも同じですね。
これは教会
R1000931

こちらは道路に面したアパート 駐車場かしら
R1000592



次回は 唯一日本から予約しておいたディナーが
ここヘルシンキでしたので その様子をお伝えします。