フィンランドで最初に連れて行ってもらったのは
ヘルシンキから高速で走って 50kmほど離れた
ポルヴォというフィンランドで2番めに古い街です。

R1000389

赤い壁の倉庫が川岸に並ぶ様子が有名ですが
ここは昔貿易が盛んな場所で
この倉庫に取引する商品や輸入された香辛料など保管していました。
ガイドさんいわく「倉敷のような感じです」

R1000391
R1000305


スウェーデンが統治していたことがあったり
モスクワまでわずか数百キロの位置であることから
様々な戦争の動乱に巻き込まれてきた歴史もある街ですが
いまはのんびりとした 古き良き時代の町並みが残されて
観光客のたくさん訪れるところなんですね。
R1000313

のどかで平和
平和って素晴らしい。

ここは広場に面した博物館です。
雑貨好きなメンバーは広場でやっていたマーケットにワクワク
R1000323


私はアンティークに興味が無いので
雑貨店も素敵だけど それよりも古い建物や
街の作りに興味津々です。
R1000306


素敵な青空に石畳
R1000333
R1000338

ちょっとヨーロッパよりもロシアな雰囲気
古い古い町は映画のセットのようですが
ちゃんと人々の暮らしもあります。
実際に住んでいるというのがこちらのすごいところです。
R1000357
R1000361


アイスクリームスタンドが来ていたのでいただきました。
R1000344

お兄さんが自家製で手作りして販売してるんです。
ワゴンの屋台なのにカードが使えるという
徹底したカード社会です。おいしかった♡
R1000346


ガイドさんがオススメのチョコレート店ブルンベリ
1871年創業 すごいですね。
R1000354

世界地図にお客さんがピンを刺してあるのですが
日本ももちろんすでにピンがさしてありました。
R1000356


すごくのんびりした心地よい町並みでした。
次回はここの教会 ポルヴォー大聖堂をご紹介します。