ストックホルムの地下鉄は歴史が古く
全長はなんと110kmなんだそうです。
駅も100個あるみたいで
そこへ様々なアートが施されています。
駅の構内に直接 です。

R1000159


岩盤が多いストックホルム
その地下に掘られた駅
岩盤そのまま洞窟のような ごつごつした仕上げの壁に
これまで150人を越えるアーティストが
絵や作品を表現してきました。

90以上ある中で 一緒に行った方が
一番見てみたかった駅の様子が こちら

R1000166


いわゆる中央駅Tーセントラーレンの
ブルーラインという電車の線
(他にもレッドラインやグリーンラインがあります)
駅が 鮮やかな青と白で美しく彩られています。

これは 作画中の様子でしょうか?
本当に洞窟の絵みたいですね。
R1000156


R1000160


岩の ごつごつした様子も迫力がありますが
鮮やかな色彩も驚きです。

R1000158


R1000164


エスカレーターでサイズ感おわかりでしょうか。
大きな空間でしょう?
とても美しいですね。
R1000165


R1000167


地下の機能重視の空間に対して
こんな考え方やゆとりが この国にはあるんですね。
殺風景な日本の駅も 
もう少し遊びがあっても素敵なのに。


さて
次は 1994年に世界遺産に登録された
森の墓地 スゴークスシュルコゴーデンをご紹介します。