渡航前に写真を見て 
soto夫が好きそうな迫力のある建築だと思ったら 
あのザハ・ハディド氏が2005年に設計した美術館で
オードロップゴー美術館というそうです。
R0999745


色鮮やかな森の奥にひっそり建ってます。
展示物自体はそれほど多いわけではないのですが
常設展示以外に 私達が行ったときには
フランス印象派のピサロを展示されていました。
R0999721


室内では絵画 屋外ではオブジェや遊具が展示されています。
R0999715


こちらが旧館になるのかな
R0999719


で こちらが新館にあたるザハ氏の建物。
圧巻です。
R0999712


R0999720


この質量感がすごいですよね
R0999717


本当に迫力のある建物でした。
R0999725




少し歩くと 家具のデザインで有名な
フィン・ユール Finn Juhlが設計した自邸があります。
家具はもちろん すべて彼の作品。
R0999728


R0999735


本当にシンプルで無駄のない構造です。
R0999730


緑の輝く庭を見て過ごしていたのでしょうか。
明るくて 居心地の良さそうなおうち。
憧れますね。
R0999731


キッチンもモダンです。
R0999734


半地下はあるものの ほぼ地面と同じ高さ
ステップフロアを有効に使った楽しい家です。
広いけれど閑散としない
シンプルなのに温かみがあるデザインで
決して殺風景にはならないのが
北欧デザインの素敵なところですね。

いずれにしても北欧では
アート作品や建築に 自然との融合がなされていて
そこが 心地よさや穏やかな気持ちにつながるのかな。
R0999741




次は 超シンプルモダンな教会へ行ってみましょう。